きゅうり栄養 効能 保存方法 見分け方 選び方

DSCN2207.JPG

きゅうり栄養 効能

・ミネラルがバランス良く特にカリウムを含む=利尿作用
・ピラジン=血液をさらさらにし脳梗塞・心筋梗塞予防に効果があるといわれている
・ぬか漬け=ぬかのビタミンB1を吸収し疲労回復効果が高まる
・ククルビタシン=きゅうりの頭の部分にあり抗ガン作用がある
・水分90%=水分補給
・低カロリー食

美味しいきゅうりの見分け方 選び方

・表面に張りとつやがあり緑色が濃いもの
・全体的に太くみずみずしいもの
・花が咲くほうがとがっていないもの
・いぼがしっかりとしているもの
※ただし収穫時期により異なる(収穫初期の春頃はよくとがっている・収穫後半の秋頃はいぼは小さく薄くなっている)

八百屋 仕入時の見分け方 選び方

きゅうりの選び方として、等級がA品で階級(サイズ)SかMが一番良く売れていると思います
あまり太かったり、または小さく細かったり(SSサイズ)するとSやMサイズに比べますと
余り売れませんので仕入をするなら、少な目に仕入することをおすすめします
きゅうりの等級A品の曲がりのきゅうりは、箱によって(生産者または生産者番号によっても
曲がりぐあいが違う事があります)良い物、良くないものがありますので生産者を見て仕入をします
きゅうりの等級Cの曲がりは、曲がりすぎて良くないと思います仕入に注意
また注意するところはきゅうりの先の部分を親指と人差し指でつまんでみて張りがなくへこんでしまう
きゅうりは、包丁で先を切ってみると、中が水分がなく白くなっているきゅうりは仕入はしないようにします

保存方法

箱ごと冷蔵庫に入れ保存します
夏場は日持ちがしないため、できるだけその日のうちに販売するように残ってしまったら冷蔵庫に保存します

一般家庭での保存方法

ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存します(きゅうりを買うときには、先の部分を指でつまんで
みて張りがなくへこんでしまうきゅうりは、日にちがたっていますので、注意しましょう)
新鮮なきゅうりを買いまして、冷蔵庫に保存しましょう

きゅうりの旬

6月~8月
(秋から初春にかけては、ハウスでの栽培)

きゅうりの種類 

ブルムレスきゅうり フリーダムきゅうり 四川きゅうり(きゅうりの仲間)

非常に種類が多い

世界中で500程度の品種がある。白イボ系と黒イボ系の種類がある。
白イボ系
現在栽培されている胡瓜の90%以上=皮が薄い
黒イボ系
日本では九州・四国でわずかに作られる程度=皮が厚く白イボ系より味に劣る
・四葉(スーヨー)胡瓜
・四川胡瓜
・馬込半白胡瓜(まごめはんしろきゅうり)
・高井戸節成胡瓜(たかいどふしなりきゅうり)
・加賀太胡瓜(かがふときゅうり)
・聖護院胡瓜(しょうごいんきゅうり)
・毛馬胡瓜(けまきゅうり)
・大和三尺(やまとさんじゃく)

原産地

・インドのヒマラヤと言われており三千年以上前から栽培されているようです
・日本には6世紀後半頃、中国を通して伝わりました。
・本格的に、栽培が盛んになったのは江戸時代後期になってからです
 日本に伝わった当時のきゅうりは、とても苦味が強かったらしい
 日本でも江戸時代までは、主に完熟(完熟した皮は黄色)させてから食 べていたため、黄瓜と呼ばれる
 江戸末期から明治にかけては品種改良が行われ、成長が早く、パリッと した歯ごたえがよく、味も良いキュウリが出来て栽培が盛んになった
・キュウリは全体の90%以上が水分で、栄養素はビタミンC、カロチン、 カリウムなどが含まれるが含有量は非常に低い




  • 最終更新:2014-10-06 14:40:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード