キャベツ栄養 効能 見分け方 選び方 保存方法

DSCN1901.JPG

キャベツ栄養 効能

ビタミンU=胃酸の分泌の抑制・胃潰瘍予防・胃腸の粘膜の修復
ビタミンC=抗酸化作用・免疫力を高める作用
カルシウム=骨粗鬆症の予防・血液を凝固させる
ビタミンK=カルシウムと合わせて骨粗しょう症予防
イソチオシアネート=免疫力を高め、癌予防に効果があると、いわれています
 食物繊維= 血糖値の低下・コレステロールの低下・糖尿病予防・高脂血症予防
      有害物質を体外へ排泄
きゃべつに含まれる(水溶性食物繊維を含む野菜、果物、<菌茸類=キノコ類>その他)水溶性食物繊維を摂ると、善玉菌を増やして腸内環境を整え、悪性コレステロールの値を下げることができるそうです


美味しいキャベツの見分け方 選び方

・葉は、緑色でつやとはりがありみずみずしいもの

キャベツの選び方は葉が緑色で張りがありみずみずしいものを選び、仕入します
切り口が変色していたり、葉が黄色くなっていたり、しなびていたりしているものは仕入れを
控えます
キャベツの箱の重さは生産者によってもちがいますので、軽い箱より持ってみてできるだけ重みのある
キャベツの箱を仕入します
キャベツを1個買うときにも、同じ値段であれば、大きくて重みのあるきゃべつを選びます

キャベツ保存方法

キャベツの保存方法は箱ごと冷蔵庫に保存します
一般家庭ではキャベツをポリ袋に入れるか、ラップで包んで冷蔵庫に入れ保存します

キャベツの旬

3月~5月
11月~3月

キャベツの種類

・冬キャベツ
・春キャベツ
・紫キャベツ
・ちりめんキャベツ
・グリーンボール
・芽キャベツ

野菜サラダから先に食べるダイエット法

野菜サラダから先に食べるダイエット法
(サラダの食べる量は、100g前後くらいの量を摂る)
食事は、野菜サラダから先に食べると急激な、血糖上昇を抑えてくれます
血糖値が異常に上昇すると、インシュリンが出て血糖値の上昇を抑える働きをします
インシュリンが急激に分泌されると、その糖は脂肪として溜り
肥満の原因となります

  • 最終更新:2016-03-27 11:37:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード