ネギ栄養 効能 見分け方 選び方 保存方法

DSCN3060.JPG

ネギ栄養 効能

・βカロテン=老化防止・動脈硬化防止
・ビタミンC=風邪やガン、生活習慣病などの予防
・アリシン=疲労回復・脳卒中や心筋梗塞の予防
ねぎの緑色の部分には、βカロテン、ビタミンCが多い、白い部分は香り成分のアリシンが多い

美味しいネギの見分け方 選び方

・はりや、つやがあり白い部分は、よく締まっているもの
・白い部分と葉の緑色の境目がはっきりしているもの
ねぎの選び方は、白い部分が長く葉の部分は濃く、鮮やかでみずみずしいものを選び仕入します
また、白い部分と葉の緑色の境目がはっきりとしているものが良いと思います
春から夏にかけてのねぎの選び方の注意点は、ねぎの白い部分と緑色の境目あたりの部分の隙間に
泥が入りこんでいることがありますので良く見て仕入します
夏ねぎの選び方は、ねぎの葉の部分を手でにぎってみると硬そうな感触があり、少し力を入れると
バリバリと音がするものは硬いねぎですので注意しましょう
また白い部分を親指と人差し指でつまんでみると弾力がなくただ硬い感じのするものも注意して仕入します

ネギ保存方法

箱事冷蔵庫に入れて保存します
また、夏場の保存はねぎが見えるようにねぎの箱を下に置きその上からぬれた新聞紙を3~4枚ねぎの
見える部分に置いてまた次のねぎも同じようにしてかさねてねぎを保存します
一般家庭では、ポリ袋に入れるか、ラップに包んで冷蔵庫に入れて保存します

ネギの旬

11月~2月

ネギの種類

・下仁田ねぎ(ほかのねぎと比べると太くて短い 群馬県下仁田町の特産品
・わけぎ
・あさつき
・小ネギ
・根深ねぎ
・九条ねぎ
・リーキ





  • 最終更新:2014-10-06 15:19:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード