バナナ

DSCN2003.JPG

バナナの栄養 効能

・カリウム=体内の余分な塩分を排出・高血圧や、むくみの予防
・ポリフェノール=抗酸化作用が強い(身体を若々しく、細胞を活性化)
・食物繊維=便秘予防 大腸がん予防
・アミラーゼ(消化酵素)=消化吸収の効率を高める
・セロトニン=精神安定

バナナの仕入の見分け方 選び方

・真夏のバナナの、仕入の選び方は、箱を開けてバナナの皮に黒い斑点ができているバナナは、通常の半値以下くらいに値段を下げても売れないと思いますので仕入は避けた方が良いでしょう また30度以上温度がありますと暑さでバナナがやわらかくなり次の日まで、持ちそうもないので仕入は、その日の分だけ仕入をしましょう

・真冬のバナナは、寒さと北風にあたるとバナナの皮が黒ずんでしまい、次の日まで持ちそ うもありませんので、できるだけその日で売り切れる仕入をしましょう

バナナの見分け方 選び方

・細いバナナよりも、丸みがあって太いものの方が美味しい
・全体にバナナの皮がきれいな黄色のもの
・バナナの付け根(ヘタ)の部分がしっかりしているもの
・バナナの一部が黒く変色しているもの(熟しすぎるもの)は避けましょう
・全体にバナナの色が変色しているものは避けましょう
・真冬の寒い時期、バナナの仕入れの選び方は、皮が黄色くきれいな状態(皮に黒い斑点が
ないものを選びます)黒い斑点がありますと売れないと思いますので、
・真冬の寒い時期の仕入の選び方は、皮が黄色い状態ではなく、まだバナナの青さ
 が残っているものは、寒さのために成熟しないためバナナの青さが残ったまま
 色が変色してしまいます
・真夏の暑い時期、バナナの仕入の選び方は、少し青めのバナナを仕入します
 真夏の暑さは、熟成が早いので、少し青いくらいのバナナのほうが 良いと思います 

保存方法

・バナナの適した温度は、14度~15度くらいの常温
・バナナを箱で保存するときは、(冬場)箱ごと毛布に包んで保存
・(冬場)4,5本にカットしたバナナは、ポリ袋に入れて販売し、残ったバナナは
 毛布などを上からかぶせて保存します
・箱で保存(夏場)はふたを開け、中のビニールを取って涼しい場所で保存、または
 箱ごと毛布などで包んで冷蔵庫で保存(多少色が変わります)
・家庭では、バナナは常温でポリ袋に入れるか、新聞に包んで保存します
・熟しているバナナはポリ袋に入れるか、新聞に包んで冷蔵庫に入れ保存します

バナナの種類

・キャベンディッシュ
 日本で最も消費されているバナナ 日本では主にフィリピンから輸入
・モラード
 皮は、赤茶色または、赤紫色で、食感はもっちりで、甘さ控えめやや酸味があり、少し風 味が違う美味しいバナナだと思います
・台湾バナナ
 台湾バナナの収穫は3月から翌年6月
 もっちりとした食感 甘味が強くコクもあり美味しい、台湾バナナ
・セニョリータ(モンキーバナナ)
  モンキーバナナと呼ばれる小型のバナナ 皮が薄く、甘味が濃く美味しい
・島バナナ
 生産量のピークは7月頃から8月頃
 沖縄県や鹿児島県奄美群島では、普通のものよりはるかに短くて小さい島バナナ
 キャベンディッシュより小振りで、かなり小さい感じで酸味がある
・ラカタンバナナ
 色や形などはキャベンディッシュとほぼ同じくらいで、大きさは少し小さい感じです
 果肉の色は少しオレンジがかったクリーム色で、味が濃くサッパリとした酸味があり
 クエン酸が含まれていて、疲労回復効果あり
 料理用バナナ
・ツンドクバナナ
 見た目は長さ30cm~40cmくらいの大きなバナナ、食感は甘くない
 サツマイモのような食感 じゃが芋のような味
・カルダバ バナナ(バナナチップの原料)
 カルダバの長さは15cm~20cmくらい、先端が丸く角ばっている
 青いものは皮が硬く簡単にはがすことはできません
 日本のバナナの輸入
 フィリピン
 エクアドル
 台湾

・フィリピンやエクアドルなどから輸入されたバナナは、硬く未成熟で、青く
 かたいバナナが輸入されます
 市場には、むろ(室)と呼ばれる部屋の中で熟成加工されます
 室(むろ)」では、温度・加湿・炭酸ガス濃度測定管理されたバナナはじょじょに
 黄色く色付け(熟成加工)されてスーパーや小売店にて販売されます
DSCN2005.JPGDSCN2011.JPGDSCN2006.JPG
 











  • 最終更新:2013-05-15 22:44:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード