大根栄養 効能 見分け方 選び方 保存方法

DSCN2280.JPG

大根 栄養 効能

大根に含まれる消化酵素(プロテアーゼ・リパーゼ・アミラーゼ・他)は、
タンパク質やデンプンなどを分解し、胃の消化を助けるため、身体への負担を
減らしてくれるそうです
・アミラーゼ=でんぷんの消化を助ける
・オキシターゼ=タンパク質や脂肪の分解を助ける
※上記は熱に弱い
大根の葉っぱ
眼精疲労を回復してくれるビタミンB群や、美肌効果を高めるビタミンCが豊富
・βカロテン=体内でビタミンAに変化 発ガン予防作用・動脈硬化の
 予防免疫力を高める
・ビタミンC=抗酸化作用により老化防止・美肌
・ビタミンE=老化防止・動脈硬化予防・心筋梗塞・頭痛・肩こり
       冷え性等の症状を改善
・カルシウム=骨を丈夫にする
・食物繊維=便秘予防 大腸がん予防整腸効果。抗酸化作用 老化防止

美味しい大根の見分け方 選び方

・葉先までみずみずしいもの
・しおれていないもの
・白色がはっきりしているもの
・まっすぐ伸びているもの
・傷がないもの
・ひげ根が一直線に伸びているもの
・重みがあるもの

八百屋 仕入
・大根の選び方は、手で持ったときに硬く張りがありずっしりと重みが有り、白い部分 は白くみずみずしいものを仕入します
・大根を、カットして販売するときはみずみずしく新鮮な大根をカットします
 みずみずしさがなくなって切り口が白くなったものは、半値以下で販売します
・鮮度が落ちた野菜はなるべく早く販売するように心掛ける事
・冬の1月~2月頃になりますと、市場で、大根が少し凍っているときは、なるべく
 避けた方が良いと思います(一度凍ってしまった大根は、料理をして食べても
 美味しくありません)

大根 保存方法

大根の保存方法は、箱ごと冷蔵庫に保存、鮮度を保つ為には、大根の箱を開け水を大根に少しかけて
ぬれた新聞紙3~4枚を大根の上にかけ冷蔵庫の保存します
一般家庭では、大根の葉から、水分が蒸発しますので葉の部分はカットしてラップに包んで
冷蔵庫に保存します

だいこんの旬

11月~3月

だいこんの種類

青首だいこん 三浦だいこん 聖護院だいこん 辛昧だいこん ラディッシュ 紅芯だいこん
レディーサラダ


大根の葉の生け花
DSCN3470.JPG









  • 最終更新:2014-12-28 09:10:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード