春菊栄養 効能 見分け方 選び方 保存方法

春菊栄養 効能

・βカロテン=コレステロールの酸化を防ぐ
・ビタミンC=風邪やガン、生活習慣病などの予防
・カリウム=高血圧の改善
・ビタミンE=抗酸化作用・身体の老化を予防
春菊の香り成分は、胃腸の消化作用促進して、調子を整える働き

春菊の見分け方 選び方

・葉は、緑色で葉先まではりがあり、みずみずしいもの
・香りが強く切り口が新鮮なもの

春菊の選び方は、葉はきれいな緑色で茎や葉先まで張りがありみずみずしく、香りが強く
茎は太すぎず細い位の方が柔らかく、茎の下の部分から葉が良く付いているもので、切り口が
みずみずしく新鮮なものを仕入します
また春菊の葉が、黒ずみや黄色くなっていたり、しおれていたりしているものは、避けましょう

春菊 保存方法

箱のまま冷蔵庫に保存します
家庭では、春菊を水に浸して水を切りキッチンペーパーを湿らせ、全体を包んでポリ袋に入れ
立てて冷蔵庫に保存します

春菊の旬

12月~2月

春菊の種類

・株張り中葉春菊(関西に多い根付きのまま収穫、根元から多くの茎が分岐して伸びているのが特徴)
・つみ取り種(関東方面では、1本の茎を中心にたくさんわき芽が出てきたものを切り取って収穫)
葉の形や大きさによる種類
・大葉種 (葉の切れ込みが浅くて少ない)
・中葉種 (葉に切れ込みがあり、一般に栽培されています)
・小葉種 (切れ込みが深い)

かんたん料理法

・ごまあえ
・おひたし
・なべもの
・あげもの






  • 最終更新:2013-02-24 22:39:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード