果菜類 値段の決め方

市場からの仕入値(原価価格)に対しての売価(売値)を決めます
利益を出すためには、この商品(例えばたけのことします)このたけのこの値入率を、何割にするかを
決めて、いかにして売り上げを伸ばし、利益が上がるのかを決めます
この利益率の出し方は、私がいままで経験したなかで、これがいいと思う値段の決め方(値入率)を書いてみました
荒利益高の計算方法  荒利益高=売上高(売上)-売上原価(仕入値)
粗利益率の計算方法  荒利益率=荒利益高÷売上高×100%
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.25=約2割(約20%)になります  消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.35=約2.5割(約25%)になります 消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.45=約3割(約30%)になります  3割にした数字に消費税分(8%)×1.08

 ●きゅうり(胡瓜)  ●とまと   ●ミニトマト     ●フルーツとまと ● おくら   ● 枝豆    ●とうもろこし  
●なす (茄子)   ●長なす   ●小なす       ●ピーマン    ● ゴーヤ   ●オクラ    ●かぼちゃ(南瓜)
●とうがん      ●パプリカ  ●そらまめ      ●さやえんどう  ●いんげん   ●とうもろこし ●しろうり(白瓜)
●ししとうがらし   ●鷹の爪   ●カラーピーマン   ●ズッキーニ

●きゅうり(胡瓜)
きゅうりは2割~2割5分位で良いと思います
きゅうりの価格が安くなってきたときの販売は(例として赤テープで止める1袋3本入り100円
1袋5本入り緑テープで止める138円か150円で販売 赤テープで止めたきゅうりの袋と
緑テープで止めた袋、レジにて価格がわかるように色別します

●とまと
とまとは2割~2割5分位で良いと思います
夏近くになりますと、とまとが安い価格になってきますと1袋または1パック等級SSかSを販売
このときの値入率は2割5分前後位にします
次に等級Mを1袋または1パックにとまとを入れ販売します値入率は2割5分前後位にします
等級LLのとまとも販売しますこのとまとは大玉のとまとなので、トレーに入れパックして販売
1パック3個入り380円位でも売れると思います
レジにて値段がわかるようにシールや赤や黄色緑色のバックシーラーテープを使うと分かり安いと思います

●ミニトマト
ミニトマト、値入率は2割~3割位
冬場の高値のときには2割位にします仕入値が高値でも幼稚園などで、お弁当に入れますので少しの量でも
いいですので販売します
6月ごろから安値になると思いますのでパックに入っているより、バラで箱に入って入るのが安いと思います
バラのミニトマトは値入率2割5分~3割位でも良いと思います

●フルーツとまと
フルーツトマトは、2割~2割5分位
フルーツとまとは、普通のとまとより値段が高い為あまり売れないかも知れませんので、仕入を控えめに

●おくら(オクラ)
オクラは2割~2割分で良いと思います

●枝豆(えだまめ)
えだまめは2割~2割5分で良いと思います
えだまめは、出始めの頃は価格がかなり高値の為、少し安値になってから仕入して販売します
1束450円前後では売れないと思いますが(お店や、地域よっても違うとおもいますが)
1束200円~250円位ですと売れると思います
安値になったときには、えだまめをよく見て(葉が枯れていないか、味が入っているか
虫がいるかなど)仕入し3割位でも良いと思います
えだまめ(ネット入り)
ネットに入っているえだまめは2割位で良いと思います、(同じネット入りの枝豆、産地も同じですと
値段の高い安いがすぐにわかるため)

●とうもろこし
とうもろこしは、出初めの頃は2割位で旬の頃になりますと価格が安くなりますので2割5分~3割位でいいと思います

●なす
なすは2割~2割5分位
産地で袋詰めされているものは、2割位で良いと思います
産地で袋詰めされているものは、産地の名前が印刷して有るため、消費者は産地の名前が印刷して有る
このなすの値段を見て、ここのお店は安いか高いかを、判断すると思われます
バラで箱に入っているなすは、2割~2割5分
旬の頃になりますと価格が安くなりますので2割5分~3割位でいいと思います

●長なす
長なすは2割~2割5分

●小なす
こなすは2割~2割5分位が良いと思います

●ピーマン
ピーマンは産地から袋に入っているものは2割位で良いと思います
バラ入りのピーマンは袋に入れて2割~2割5分
特別に安く仕入たときなどは、3割位でも良いと思います

●ゴーヤ
ゴーヤは2割~2割5分位

●オクラ
オクラは2割位

●かぼちゃ
冬の時季のかぼちゃは、ほとんど輸入品で価格も安く1個売りは2割5分~3割位で良いと思います
輸入品のかぼちゃは、2分の1、3分の1、カットして販売(98円位)すると売れると思います
国内産も少しは売り場に並べます高値の為余り売れないと思います2割位
かぼちゃの旬の頃になりますと安く仕入ができると思いますので利率は3割位でも良いと思います

●さやえんどう
さやえんどうの値入率は2割~2割5分くらい、時期になって相場が安値になりますと2割5分
から3割くらいは利益を出します

●いんげん
いんげんの値入率は2割~2割5分くらい、時期になって相場が安値になりますと2割5分
から3割くらいでも良いと思います
輸入品のいんげんは、2割5分から3割くらいでも良いと思います

●とうもろこし
とうもろこしの値入率は、2割5分~3割くらいで良いと思いますが、開店して1時間くらい
過ぎてもあまり売れない時には、少し値段を下げて販売し、できるだけ売れ残らないように
販売します

●とうがん
とうがんは、たくさんの量は使わないと思いますので、4分の1や、6分の1くらいにカットして
販売し値入率は、3割くらいにして、仕入価格(相場)が安値になったときには、4割くらいでも
良いと思います(あまり売れないと思いますので少しずつカットして並べます、次の日には
切り口の色が変わりますので注意しましょう

●そらまめ
出初めのそらまめは、価格が高値の為、2割~2割5分くらいで、時期になりますと安く
なりますのでそのときは、2割5分~3割くらいで良いと思います

●さやえんどう
さやえんどうの値入率は、2割5分~3割くらいで良いと思います
時期になると価格が安くなるため3割くらいは良いと思います

●ズッキーニ
ズッキーニの値入率は2割5分くらいでいいと思います
価格が安くなったときには、3割くらいでも良いと思います

●パプリカ ●しろうり ●ししとう ●カラーピーマンの値入率は2割5分くらいが良いと思います






























      • -----------------------------------------------------------------------------


  • 最終更新:2014-04-02 18:21:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード