枝豆栄養 効能 見分け方 選び方 保存方法

DSCN3823.JPG

枝豆栄養 効能


・ビタミンB1=体のエネルギーとなる・成長を促進する・筋肉や心臓の機能を正常に        保つ働き
・ビタミンB2=皮膚・粘膜を正常に保つ・抗酸化作用・成長を促進する作用
・カルシウム=骨を丈夫にする・骨粗鬆症予防・ストレス解消
・ビタミンC=美肌 老化防止 免疫力を高める抗酸化作用・疲労回復・風邪予防
・葉酸=貧血の予防、動脈硬化の予防、細胞の生成を助ける
・食物繊維= 血糖値の低下・コレステロールの低下・糖尿病予防・高脂血症予防
      有害物質を体外へ排泄
・鉄分=貧血の改善・口内炎の予防

美味しい枝豆の見分け方 選び方

枝豆の選び方は、緑色の葉がしっかりと付いているもの、まとまって実がびっしりと付いていて
ふっくらと実が入っているもの、つぶの大きさがそろっていて、色は、グリーン色で
鮮やかなものを選び仕入をします
枝や豆が茶色く変色しているものは、安値でも仕入はしないよう注意しましょう

保存方法

仕入をした枝豆は、水の中に枝豆を入れてさっと水を切ってから箱に入れて冷蔵庫に入れ
保存します
枝豆は、鮮度がすぐに落ちますので、その日に売り切れるよう仕入過ぎに注意しましょう
家庭では、枝から豆を取り、水に浸けたらキッチンペーパをぬらして、豆をくるんで
ポリ袋に入れ冷蔵庫(野菜室)に入れ保存します

冷凍保存方法

枝豆の冷凍保存方法は、ゆでる前に塩でもんでから、少し固めにゆでて冷めてから冷凍保存します

枝豆の旬

・関東地方  5月頃~8月頃
・東北地方  7月頃~10月頃
・輸入    一年中輸入(冷凍加工)
 輸入国
・台湾
・中国
・タイ

枝豆の種類

・実の色により青豆・茶豆・黒豆などに分類 
・青豆  ・秘伝豆・毛豆など (関東地方で多く栽培)(全国的にも栽培)
・茶豆  ・だだちゃ豆 ・黒埼茶豆など(東北地方で多く栽培)
・黒豆  ・丹波篠山黒大豆 ・紫ずきんなど(関西地方で多く栽培)   


    









  • 最終更新:2014-06-17 21:53:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード