花菜類 値段の決め方

市場からの仕入値(原価価格)に対しての売価(売値)を決めます
利益を出すためには、この商品(例えばたけのことします)このたけのこの値入率を、何割にするかを
決めていかにして売り上げを伸ばし利益が上がるのかを決めます
この値入率の出し方は、私がいままで経験したなかで、これがいいと思う値段の決め方(値入率)
を書いてみました
荒利益高の計算方法  荒利益高=売上高(売上)-売上原価(仕入値)
粗利益率の計算方法  荒利益率=荒利益高÷売上高×100%
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.25=約2割(約20%)になります 
 消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.35=約2.5割(約25%)になります
 消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.45=約3割(約30%)になります 
 3割にした数字に消費税分(8%)×1.08

花菜類              
●カリフラワー    ●食用菊   ●菜の花    ●みょうが(茗荷)●ふきのとう  ●ブロッコリ

●カリフラワー
カリフラワーの値入率は、2割5分くらいが良いと思います

●食用菊(もってのほか)
食用菊の値入率は、2割~3割くらいです
50円から60円くらいで仕入れた食用菊は、(菊の花がしっかりとしてイタミがあったり、変色
していないもので、新鮮なもの)98円または100円で販売しても売れると思います、それ以上
の金額ですと、売れ行きが落ちますので安値のときに少し多めに仕入して販売します
イタミがあったり変色していたりしていますと売れませんので、商品のチェックをしましょう

●菜の花
菜の花の値入率は、2割5分くらいでいいと思います

●みようが
みようがは、産地でパックしてあるものは、できれば2割くらいで、時期になり、1キログラム入り
か、地元の安いみようがを仕入れたときには、3割~4割くらい儲けをだします

●ふきのとう
ふきのとうは、2割5分くらいで良いと思います

●ブロッコリ
ブロッコリの値入率は、2割5分くらいで良いと思います
輸入品のブロッコリは、1箱の中に大きいものや、中玉くらいのものがありますので、売り方は
それぞれちがうとおもいますが、大きいものを上にして小さい物はしたにして、大きいものは
値段を高めに付け、中玉がめだつようになりましたら、値段を下げて販売します





   





  • 最終更新:2014-04-02 18:22:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード