茎菜類 値段の決め方

                                                                     市場からの仕入値(原価価格)に対しての売価(売値)を決めます
利益を出すためには、この商品(例えばたけのことします)このたけのこの値入率を、何割にするかを
決めて、いかにして売り上げを伸ばし、利益が上がるのかを決めます
この利益率のだし方は、私がいままで経験したなかで、これがいいと思う値段の決め方(値入率)
を書いてみました
荒利益高の計算方法  荒利益高=売上高(売上)-売上原価(仕入値)
粗利益率の計算方法  荒利益率=荒利益高÷売上高×100%
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.25=約2割(約20%)になります
  消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.35=約2.5割(約25%)になります
 消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.45=約3割(約30%)になります 
 3割にした数字に消費税分×1.08   

茎菜類 
●たけのこ      ●にんにく  ●アスパラ      ●わけぎ(分葱) ●うど
●生たけのこ

生たけのこは、2割~2割5分 出始めはまだ高値ですので仕入を控えめに、あまり高値ですと
売れ残って(店舗によってちがいはあります)しまったときには、翌日には安値にしないと
売れないため(それでも売れない時もあります)
生たけのこは、仕入や値付けがむずかしく、入荷量が多いと価格が下がりその時に少し多めに仕入れ、
今日のお買得品と大きく書いて(POP) 
たけのこのコーナーを作り販売(コーナーを大きくするか、小さくするかは自分で決める)
箱の中には特別大きいの(丸くて太い物)は別に3割位で販売
生たけのこは、鮮度がすぐに落ちる為できるだけ本日中に販売するように心がけます

●たけのこ水煮
たけのこの水煮は中国産と国内産があります(1個のもありカットされているものもあり、真空パックになっています
箱からそのまま売り場に並べるだけなので中国産も国内産も2割位でいいと思います

●中国産にんにく(ニンニク)
売り方は2種類あり、パックの方法とネットでの方法になります。
パックの販売方法
中国産にんにくは、国内産にんにくに比べて価格が安くなっています、そのために3割掛けてもいいと思います。
トレーに3個~4個ぐらいいれて、パックにして販売します。
ネットの販売方法
にんにくはネットに入っていますので(1ネット1キログラム入り)
ネットで販売する時は、2割~2,5割位でいいと思います。

●国内産にんにく(ニンニク)
国内産にんにくは中国産と比べて大変値段が高いですが、販売する時には値入率2割~2,5割ぐらい
でもいいと思います。
一個100円(売値)以上する場合は1個売りで
安く仕入れれた場合は2個で150円(売値)ぐらいが理想だと思います。

●アスパラ(アスパラガス)
季節や時期によっても違いますが、輸入品のアスパラは安く仕入れられるので、
安く仕入れれたら2,5割~3割位でも大丈夫だと思い
通常時の値段でしいれたら2割~2,5位が理想だと思います。

●国内産アスパラ(アスパラガス)
国内産のアスパラは仕入値の2割位、
原価一束200円以上の時には1、5割~2割位の値入率にして仕入を減らして販売します
(高いとあまり売れないため)
原価200円以上するとあまり数がでないため、また鮮度がすぐに落ちる為、翌日あたりから、
値段を下げて販売するのがいいとおもいます。

●わけぎ(小ねぎ)
仕入をした時に小袋に入っていると思いますがそのまま売り場にならべるだけなので値入率は
2割位でいいと思います。
小袋に入っていない場合は袋にいれて販売します(2割位でもいいと思います。)

●うど
うどの値入率は、2割5分~3割くらいで良いと思います
だだし、うどが変色したり、張りがなくなるまえに、値段を下げて販売します








  • 最終更新:2014-04-02 18:13:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード