菌茸類 値段の決め方

市場からの仕入値(原価価格)に対しての売価(売値)を決めます
利益を出すためには、この商品(例えばたけのことします)このたけのこの値入率を、何割にするかを
決めていかにして売り上げを伸ばし利益が上がるのかを決めます
この値入率の出し方は、私がいままで経験したなかで、これがいいと思う値段の決め方(値入率)
を書いてみました
荒利益高の計算方法  荒利益高=売上高(売上)-売上原価(仕入値)
粗利益率の計算方法  荒利益率=荒利益高÷売上高×100%
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.25=約2割(約20%)になります  消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.35=約2.5割(約25%)になります 消費税がありますので×1.08
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.45=約3割(約30%)になります  3割にした数字に消費税分×1.08 

 菌茸類
●しいたけ(生椎茸) ●ぶなしめじ ●えのき茸      ●まいたけ(舞茸)●なめこ    ●しめじ    ●ひらたけ
●えりんぎ      ●ブナピー  ●マッシュルーム   ●まつたけ(松茸)

●生椎茸(しいたけ)
しいたけは2割~2割5分位
安いときには(例えば1パック78円 2パック150円)と2パックで販売すると数量が売れます
また売上も上がります
しいたけのLLも売り場に並べたほうが良いと思います2割位で値付け(あまり売れませんので
少な目に仕入)

●ぶなしめじ
ぶなしめじは安い価格ですと沢山売れると思いますので値入れ率は2割位にします
安いときには(例えば1袋58円 2袋100円)または(1袋78円 2袋150円 )
と2袋で販売しますと数が出ます

●えのき茸
えのき茸は安い価格ですと沢山売れると思いますので値入れ率は2割位にします
安いときには(例えば1袋58円 2袋100円)または(1袋78円 2袋150円 )
と2袋で販売しますと数が出ます

●まいたけ(舞茸)
まいたけ(舞茸)は2割~2割5分で良いと思います

●なめこ
なめこは2割~安い価格では3割位)
なめこも(例えば1袋58円 2袋100円)2袋で販売しても良いと思います

●マッシュルーム
マッシュルームは2割~2割5分で良いと思います(あまり売れないと思います)
    
●しめじ  
しめじは2割~2割5分位で良いと思います

●ひらたけ 
ひらたけ は2割~2割5分位で良いと思います

●えりんぎ 
えりんぎ は2割~2割5分位で良いと思います  

●ブナピー 
ブナピー は2割~2割5分位で良いと思います

●まつたけ(松茸)
まつたけ(中国産)は、相場が安い価格になってから仕入3割~4割位
少ししか売れないと思いますので仕入過ぎに注意しましょう








 



  • 最終更新:2014-04-02 18:19:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード