葉菜類 値段の決め方

市場からの仕入値(原価価格)に対しての売価(売値)を決めます
利益を出すためには、この商品(例えばたけのことします)このたけのこの値入率を何割にするかを
決めて、いかにして売り上げを伸ばし利益が上がるかを決めます
この値入率の出し方は、私がいままで経験したなかで、これがいいと思う
値段の決め方(値入率)を書いてみました
荒利益高の計算方法  荒利益高=売上高(売上)-売上原価(仕入値)
粗利益率の計算方法  荒利益率=荒利益高÷売上高×100%
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.25=約2割(約20%)になります  消費税がありますので×1.08(1.08を掛けます)
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.35=約2.5割(約25%)になります 消費税がありますので×1.08(1.08を掛けます)
計算機での、簡単計算方法  仕入価格(仕入原価)に×1.45=約3割(約30%)になります  3割にした数字に消費税分(8%)×1.08   

葉菜類 
●ねぎ(葱)     ●きゃべつ  ●たまねぎ      ●ほうれんそう  ●春菊     ●山東菜    ●たかな
●小松菜(こまつな) ●クレソン  ●からしな      ●にら      ●大根菜    ●水菜     ●わさびな
●はくさい(白菜)  ●ふき    ●みつば       ●レタス     ●芽きゃべつ  ●タアサイ   ●パセリ       
●セロリ(セルリ)  ●せり    ●菜の花       ●野沢菜(漬物)

●ねぎ
ねぎは、季節によっても、また長雨や雪などによってもかなり価格が違います
ねぎ1箱の仕入価格が1000円以下のときは、3割~3,5割位利益をだしてもいいと思います
ねぎ1箱の仕入価格が1500円位のときは2割~2割5分位利益を出します
ねぎ1箱の仕入価格が2500円以上になったときには、等級のAからBランク、または曲がりもあります
売るため、利益を出すために、高値のときのは等級の曲がりか、BLかBMを2割~2割5分位利益を出します
ただし、このねぎは、曲がりとか、BL, BMは、等級A階級Lと比べるとランクが落ちますので、中身をよく調べて仕入すること

●土ねぎ
土ねぎは2割~2割5分
土ねぎはべつの売り方として、土ねぎを半分に分けて袋に入れ販売3割位利益を出します
また土ねぎの根の部分と葉の部分をカットしますこの土ねぎの長さは、売り場にあるねぎの長さに合わせます
この土ねぎ、仕入するときには、白い部分が長いものを選びます、この土ねぎを、根の部分と葉の部分切り取ってから土の付いているところを
2枚位むいて2本か3本に束ねて売り場に並べ販売します、手間がかかっていますので仕入の倍以上にならないと合いません

●きゃべつ
きゃべつは2割~2割5分位がよいと思います
仕入の方法としては1ケース6個入っているものがいいと思います
きゃべつの相場が安くなつたときには、1ケース4個入りのがいいと思います、それはきゃべつがこんなに大玉で安いと喜んで
買い物していただけるから、きゃべつが小玉で安くても、そんなに安いとはおもはないためです
また高値でも大玉(または6個入れ)はカットできるので販売もしやすいです
きゃべつの小玉は売れ残ったものは半値位でも小玉のため売れないこともあります

(野菜の価格は、台風の影響や、長雨、猛暑による影響などで、野菜の価格が、 高騰 したときの値段の付け方(きゃべつ)


きゃべつ通常価格、100円~150円が、 以上気象により、
1個400円前後の価格になりますと高すぎて売れない為、1個売りと、
2分の1カットや、3分の1カットにして販売、ただし、1個~2個分くらいを
カット、たくさん切ってしまうと、売れ残った場合、鮮度が落ちてしまう為、
売れたらまた、1個~2個分くらいをカットして販売

きゃべつの値段が、朝の開店から、1個398円で販売してもほとんど
売れなかったときは、12時ごろ(時間は、何時でも良いですが)
きゃべつ 1個398円の値札(POP)はそのままで、その値札の上から、
只今から1個350円と新たに書いた値札を、1個398円の値札の上に貼ります
(きゃべつ 1個398円の文字と数字は、見えるように、上に貼ります
(この、只今からの値札が、貼ってあると、398円が350円に、
値段が下がったのが、見て分かります)
高騰した野菜(きゃべつ)は、少しずつ価格が下がってきたときは、
前日の仕入価格で販売価格を決めます(3割でも、4割でも良いと思いますが、
開店から、売れ数を、見ながら、あまり売れていないときは、
只今から、の値札で、値段を変えます

きゃべつは、価格が、高値でも、ある程度大玉の物を仕入、小さいきゃべつは、
商品価値がないのか、あまり売れません(だだし、店や場所によっても、
ちがってくると思います)


●たまねぎ
たまねぎは階級(サイズ)によっても値入率が違います(価格によっても多少変わります)
たまねぎの階級Sは2割5分~3割位
       MまたはLは2割5分位
       LLまたはL大は2割位
たまねぎの階級SとMの値段が同じであれば問題ないがSとMの値段が違うときは、バックシーラーテープの、色別でわかるように
袋をテープで止めます(たまねぎを入れる袋は11号か12号)
LLまたはL大の袋は13号~15号(手で縛ります)

●ほうれんそう
ほうれんそうは2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●春菊
春菊、2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●山東菜
山東菜、2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●小松菜(こまつな)
こまつなも2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●にら
にらも2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●大根菜
大根菜も2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)  

●みずな(水菜)
水菜も2割位でいいと思います(仕入原価50円位は3割位で100円以上は2割り位にします)

●わさびな
わさびなは2割位でいいと思います

●はくさい(白菜)
冬場の白菜は価格が安く2個1束の白菜は2割~2割5分位利益をあげます
1個または1/2カットのときには2割5分~3割位利益を出します
白菜を自分で漬けるときは、一番安い白菜を仕入し白菜を漬けますそして5割以上利益を上げます(漬物は、時間と手間がかかる為)

●ふき
ふきは2割位がいいと思います

●みつば
みつばは2割位がいいと思います

●レタス
レタスは2割~2割5分(仕入価格が安いとき1箱1000円以下は3割でも良いと思います)
冬のレタスはしっかりと巻いていて重みがありますが、夏のレタスは手で持った感じではすごく軽くあまり巻いていないものがあります
あまり巻きが無く軽いレタスは、売れないと思いますので夏のレタスは多少重みが有り、巻いているものそしてラップで巻いて有るものが
良いと思います
ラップで巻いていないレタスは、バックシーラーテープで巻いておくと、見た目も良く葉もとれにくい為良いと思います

●セロリ(セルリ)
セロリは2割~2割5分位が良いと思います
階級はLLかLが良いと思います(1株を包丁で1本ずつにして販売、安値のときには、2本束にして販売)

●せり
せりは、2割~2割5分位が良いと思います

●パセリ
パセリは2割~2割5分位が良いと思います


●菜の花 ●たかな ●クレソン ●からしな ●わさびな ●芽きゃべつ●タアサイなどは
2割~2割5分位が良いと思います

●野沢菜の漬物は、2割5分~3割くらいでも、良いと思います


















  • 最終更新:2014-06-25 20:29:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード